SnapWidget Instagram

2/09/2016

HOW TO簡単ヘアアレンジ ::Pigtail & Bun::

English ver. HERE

ここ何年もかなりロングヘアーなんで、着物を着る時とか冬場に首の詰まっている洋服を着るときはヘアアレンジで首回りをすっきりさせるようにしています。
めんどくさがり屋すぎるので、ほんとに簡単なアレンジしかしないんだけど、たまに「どうやってやるの?それ」と友達に聞いてもらうことがあるので、ちょっと私なりにここでシェアしてみようかな★

とゆーことで、初TUTORIALやります~。

まずは私が困ったときはコレっていう、くるりんぱアレンジ


カジュアル、職場、着物、フォーマル、なんでもいける簡単アレンジです。
三つ編みが両サイドにあるのはちょっと手間がかかるけど、ベースは同じです。


まず、耳よりちょっと高い位置で髪の毛まとめます。

こう見ると私の髪の毛、まじで長いな。。。


ポニーテイルにするんだけど、抜ききらず、輪っかを作って結びます。
ピシッとタイトめなシルエットがいい人は、ここでゴムをキツめに結ぶといいです。


で、ゴムの結び目のすぐ上をググッと開いて、まとめた髪の毛が入る空間を作る。


毛先の方から先に、ぐるん!とその空間に入れ込んでいく~。
私みたいにスーパーロングの人は、毛先をゴムの部分に巻きつけてからやるとやりやすいよ。


しっかり入れ込むと手を放しても戻りません~。


そのままだとゴムが見えるので、ゴムを隠すようにピンで固定します。

慣れていないと、結構この膨らんでる部分が凸凹になっちゃうので、そういう場合はピニングをしながらい~感じに形を整形していきます。感覚で(テキトー


できあがり。

後れ毛がでてくるのが嫌な場合は、ワックスやスプレーで仕上げておくといいです。


今回は、ポニーテイルをゆるめに結んでるので、ふくらみ部分が結構ふんわりしてます。

カチューシャとか、


ヘッドドレスをしても雰囲気が変わります★


次はでっかいお団子ヘア



結構動き回る日とか、キモノをカジュアルダウンな雰囲気にしたいときにパパッとするアレンジ。
↑の着物LOOKのブログはこちら

お団子なんて、髪の毛長い時期があった女子なら大抵やったことあるよね。
なので、「知ってるよ、こんなの」と思いながらさらっと見てやってください↓


まーず、かなり高い位置にポニーテイル。


どん!!!!
こういう細かい感じのコームを使って逆毛を立てます。


お団子の表面があまりぼこぼこにならないようにするポイントは、
ポニーテイルを前におろして後ろ半分だけを逆毛立てるような感じにすること。

かなりロングの人は、根元を中心に逆毛を立てます。


パンクロックだぜ!


お団子ヘアを作る前はこんな状態になってます。かなり激しい。


で、毛先をもって。。。


ゆるーくねじりながら、ゴムの周りにくるっとしてお団子の形にしていきます。
逆毛を立てた面を、内側にねじって隠しながらくるっとする感じ。





上から片方の手でガブッとつかみながらピニング。
お団子が安定するまでしっかりとめます。
私は4~5本のピンを差し込んでます。

キモノの時は、そこに余分なピンを2本くらい差し込んどいて、出かけてる最中に崩れたときの応急処置に使ってます。


固定できたら、お団子の真ん中から外側に向かってストレッチします。
ここで、ざっくりゆるゆる系のお団子がいい人は、ぐしゃぐしゃにしちゃっていいよ★


で、カチューシャとかかんざしとか、ヘッドドレスとかでアレンジ♪


お団子ってどっちかっていうと夏っぽい元気なイメージ。
↑これは、去年の夏の盆踊り風浴衣スタイル★よかったらトータルコーデはこちらで見てね♪

冬は、ストールとかスヌードで首回りがモコモコする時、全体のバランスで高さを出すのにおっきめのお団子はすぐできるアレンジでいいよ★


初めてのHOW TOブログだったんだけど、どうかな~。。
目からウロコ情報はゼロだけど!

またこういう写真撮れたらアップしま~す。


Thank you for reading.

xoxo
Lynn♪



★そーしゃるめでぃあ★